アヤメ正規化データ(*1)の球面SOM (blossom)による学習結果


学習結果のU-matrixをグリフ値で強調し、その位置関係(*2)を樹状図に表現


アヤメ正規化データ(*1)の学習結果をデンドログラムにて表現


未知のデータ『UK_3』を含んだ状態の通常表示結果

通常状態では、『UK_3』が
gnc、verのどちらに属するかが分かりづらい


未知のデータ『UK_3』を含んだ状態の色付け表示結果

カラー状態では、『UK_3』が
verの領域内にあることが分かる


色つけファイル作成の際、使用できる色

使用する色はユーザの好みや使用方法により
変更することが可能となっています