メタボ解析ツール 
ドクターメタボ


  • メタボ解析ツール ドクターメタボは,ユーザが身長,体重,各種コレステロール値等を適宜入力することにより,その数値の状態でのメタボリックシンドローム度の判定を手助けするツールです.
  • ユーザが自分で数値を入力する他,既存のフォーマットに従ったcsvファイルを用いることにより,判定の手助けをすることができます.
  • 結果はマップ表示され,視覚的に現状の健康状態を知ることができます.


数値データ入力画面

当社製,メタボ解析ツールをご購入の際,また,ご質問は当社にご連絡下さい.

連絡先: sales●somj.com (●を@にして御使用ください)


メタボ解析ツール ドクターメタボの内容説明



 ○本商品の特徴



 ○本商品におけるメタボリックシンドロームの定義

  本商品では,以下の図に示す厚生労働省のメタボリックシンドローム基準の他,身長と体重から求められる『BMI』の値が25以上であるかということと,
『HbA1c』の値が5.8以上であるか
という点にも注意してメタボリックシンドロームの定義を行っています.



厚生労働省のメタボリックシンドローム判定基準

 

 ○本商品の使用例

  以下に実際に当ツールを使用した際の画像を示します.解析例も合わせて御覧ください.
(画像をマウスでクリックすることにより,大型画像を新規ウィンドウにて表示することができます).



ユーザによる,数値入力例

マップ表示におけるM女_11年の人間ドックデータの軌跡
(健康判断)

マップ表示におけるM女_11年の人間ドックデータの軌跡
(病態例)

過去のデータから,今後の推移を予測

当ソフトウェアに読み込み可能なcsvファイルのフォーマット
赤枠

当ソフトウェアにより出力されたcsvファイルのフォーマット
青枠



  また,前述の通常表示の他,以下に示す『結合年表示』と『散布図表示』の選択が可能となっています.
  表示方式を変えることにより,入力データの測定結果の広がりや,同じ測定結果となる患者の人数などが分かりやすくなります.
  このマップ表示例では82人の測定データを用いています.


複数人データのマップ表示
(通常表示)


複数人データのマップ表示
(結合年表示)


複数人データのマップ表示
(散布図表示)


>開発商品メインページ


ホーム
Copyright SOMジャパン