球面SOMを改変し, 表裏同時表示

まず、球面SOMの位相関係でのデンドログラムを図1に示す.


図1: 動物データでの球面SOMでのデンドログラム

ここで表裏同時表示の結果を白黒(図2)と色付き(図3)で以下に示す.



図2: 白黒表示での表裏同時表示での球面SOM



図3:色付きでの表裏同時表示での球面SOM


図2,図3,の表(front)と裏(back)を比較すると,frontには,トラ,ライオン,オオカミ,シマウマ,の図1のG2群の動物の名前が見える. 逆にbackには,ハト,メンドリ,アヒル,ガチョウ,タカ,のG1群を中心にした動物の名前が見え1次元のデンドログラムの関係が3次元の球面でG1,とG2,は表裏の関係にあることが理解できる.

最後に図3の赤矢印をクリックすることで図4の単一球面に戻る.



図4:単一画面

説明用PDF(未完成)


>開発商品メインページ


ホーム
Copyright SOMジャパン