SOMとは(5)

これがSOMの連想記憶です。

4. 13次元のデータを用いてSOMの連想記憶について解説します.
 SOMは13次元データであっても, 3次元の場合と同様にモデル化できます. 左の表はデータ群を示します. 各データは動物の名前(ラベル)とその属性13個から成ります. これを可視化した結果が右の図です. 図にラベルを付することであたかも動物の地図(マップ)のようになります. さらに鳥類を示すラベルが赤系の1つの領域に集中しています. このように似たデータ同士が近所にくるようにノードの記憶が組織化されることがSelf-Organizing Map, 自己組織化マップたる所以です.
ここで連想記憶の例として, あるパターンをマップで照会します. モデル化の時点では無かったパターンで, 実はキツネのデータです. するとネコとイヌの中間, 星印の所にパターンに最も近い記憶を持つノードが見つかり, 「イヌのようでネコのようだ」という連想になります.


ホーム
Copyright SOMジャパン