SOMとは(7)

まとめ
 本稿では, SOMに関する基本的なことがらを説明しました. 初めから順に思い出すと, まず, SOMの出所について簡単に紹介し, 続いて, SOMの基盤であるデータ群のモデル化, モデル化によってSOMが広い応用分野を持つこと, 可視化の仕組み, モデルによる連想記憶について説明し, そして実例として健康マップを解説しました.
 特に強調したいことは, SOMの柔軟で応用のきくパターン認識能力, そして, 視覚的に説得力を発揮する, データ群のビジュアル表示です. 単に分かりやすく面白いだけでなく, 役に立つ. これがSOMです.

参考資料
 本文中では簡潔をきすため, 省略せざるを得ない部分がありました. ここに, 本文中で参考にした文献・資料をリストアップします. 各資料の番号は, 本文中で参考にした箇所にふられたものと対応しています.

[1]ヘルシンキ工科大学 コンピュータ&情報科学研究所のウェブサイト
"SELF-ORGANIZING-MAPS,"
http://www.cis.hut.fi/research/som-research/

[2]Teuvo Kohonen著,徳高平蔵,岸田悟,藤村喜久郎訳,
"自己組織化マップ"
シュプリンガー・フェアラーク東京,1996

[3]馬庭芳朗,池田佳弘,黒沢仁,徳高平蔵,藤村喜久朗,宇佐美真,傳秋光,
"自己組織化マップ(SOM)を用いた健康評価システムの構築"
バイオメディカル・ファジイ・システム学会誌 Vol.5 No.1,2003,pp.9-16

サンプル
 サンプルプログラム紹介ページにて掲載しているデモを実行し,SOMを体験してください.3つのデモを載せています.

サンプルプログラム紹介ページへ


ホーム
Copyright SOMジャパン